*

病院・クリニックが行う不眠症の治し方

公開日: : 最終更新日:2017/06/15 眠い病気

お医者さんって、苦手な人も少なくないと思います。

でも、病院やクリニックがどんな風に治療するのか?がわかれば、苦手意識もちょっとやわらぎますよね。

不眠症を治すには、病院やクリニックの力を借りた方がいい場合も多々ありますから、今回はお医者さんで行われている不眠症の治し方を教えます。

不眠症の治し方

病院・クリニックでは原因を探る問診や検査が基本となり、そこから各自に合わせたさまざまな治療を行います。

  • 原因を探る
  • 薬の処方
  • 認知行動療法(CBT-I)
  • 睡眠を客観的に評価する

原因を探るのはすべての不眠症患者に対して行われますが、その他3つは症状や生活スタイルなどに合わせて1つまたは複数の治し方を組み合わせることが多いようです。

ひとつずつ詳しく紹介しますね。

原因を探る

まずは原因を探ります。

患者さんから話を聞いて判断し、他の疾患が不眠症の原因になっている可能性があれば検査もします。

不眠症の原因でも紹介した精神疾患や糖尿病・パーキンソン病・胃潰瘍などの病気にかかっていると不眠症を併発しやすいと言われています。

【不眠症の原因21】あなたの場合は?知って改善&再発を防ごう!

薬の処方

症状に合わせた睡眠薬のほか、抗うつ薬や抗不安薬などが処方されることもあります。

不眠症以外にも病気が認められた場合はそれに関する治療も同時に行われるでしょうから、そのために必要な薬が処方される可能性もあります。

不眠症に効く薬ってどういうもの?

また最近は、漢方やサプリメントなどを出すお医者さんもいます。

漢方やサプリメントは薬のように即効性はありませんが、体への負担は少ないため、時間はかかっても薬を使わずに治したい人は、わざわざ専門医を訪れるほどだそうです。

認知行動療法(CBT-I)

うつ病や不安障害の治療を受けた経験がある人は知っているかも知れませんが、認知(物事の捉え方)を修正していくこの精神療法は、不眠症の治し方としても有効です。

カウンセリング形式で現状と認知を確認し、不眠症に陥る元となっている認知があれば、それを修正していきます。

同時に正しい睡眠の知識やリラックスできる方法なども教えてもらえるので、再発を防げる仕組みも整っているといえるでしょう。

睡眠を客観的に評価する

患者さん自身に睡眠日誌をつけてもらったり、アクチグラフという機械で睡眠中のデータをとったりして、お医者さんが睡眠を評価します。

自分では眠れていない・不眠症だと思っていても、日誌を見るとそうでもないこともありますし、機械でとったデータもそう出ることも意外と少なくないそうです。

睡眠日誌は、床に就いた時間と目が覚めた時間、そして眠っていた間の状態を覚えている範囲で書くだけです。

医師の処方などは必要ありませんし、スマホアプリもありますので、症状に気づいたらためしにつけてみるといいでしょう。


Google Play で手に入れよう

睡眠中の状態を客観的に知ることで、不眠症の改善策も見つけやすくなります。

不眠症の治し方まとめ

病院・クリニックで行われている4つの不眠症の治し方を紹介しました。

  • 原因を探る
  • 薬の処方
  • 認知行動療法(CBT-I)
  • 睡眠を客観的に評価する

薬の処方や認知行動療法(CBT-I)は医師など専門家にしかできないことです。

でも、原因を探ったり睡眠日誌をつけることは自分でも手軽にできると思いますので、受診前に症状のセルフチェックがてらやってみてもいいでしょう。

とはいえ、怖がって病院へ行くのを躊躇ったり、大したことないと不眠症を放置するのは心身の健康に大きく関わります。

体調が悪いなか無理して仕事ができるなら、是非その無理を受診に使ってください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

「眠い」に潜む病気まとめ

ここまで5つの代表的な“眠い”に潜む病気について書いてきました。 あなたの“眠い”に当

記事を読む

【不眠症の原因21】あなたの場合は?知って改善&再発を防ごう!

長期化やたびたびの再発を重ねると、不眠症を「治らないもの」と決めつけてしまう人も少なくありません

記事を読む

不眠症で病院に行くなら何科が正解?

治し方や薬のことがわかっていざ不眠症で病院に行こうと思っても、何科に行けばいいのかわからない人は

記事を読む

「いつも眠い」から発見できる肝臓の不調・病気5つ

サイレントキラーと呼ばれる肝臓の病気はどれも自覚症状を感じにくいですが、常に眠い・体がだるい・疲

記事を読む

<その眠気も症状では?>甲状腺機能低下症の原因と検査・診断・治療法まとめ

眠気がつらくてこのページを訪れた人の中で、甲状腺機能低下症について知っている人はどれくらいの

記事を読む

睡眠時無呼吸症候群かも知れないときのチェックリスト

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まってしまう恐ろしい病気です。 SASや無呼吸症候

記事を読む

その眠い、糖尿病かも?初期段階で把握したい眠いに潜む病気・糖尿病の症状5つ

「眠い」に潜んでいるかも知れない病気でも書きましたが、糖尿病もしくは予備軍の人は、食後に上が

記事を読む

不眠症に効く薬ってどういうもの?

前回の記事でも書きましたが、不眠症の治し方のひとつとして薬があります。 普段あまり薬を

記事を読む

不眠症と診断される4大症状はこれ!

不眠症と聞くと「眠れない状態」を思い浮かべる人は少なくないでしょう。 でも症状は、それ

記事を読む

意外と怖い貧血の症状をチェックしよう

鉄欠乏性貧血とは、血液中の赤血球やヘモグロビンの数が減って体内にうまく酸素が供給できなくなった状

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

光で起きる目覚まし時計intiを家族で使ってみました!

体内時計を整えて生活のリズムをリセットする効果がある光(ブルーライ

【YOKONE2レビュー】使いはじめて1ヶ月、肩こり・いびきはどうなった?

実物をさわったレポートで興味津々だったYOKONE2、手に入れまし

もしかして?脳梗塞の症状3つを今すぐチェック

眠い病気でも書いたように、大きないびきや生あくびは脳梗塞の場合があ

私が朝眠いときにやっている「目覚めスッキリ!」になれる11のこと

私は基本的に寝つきがよく熟睡もできる体質ですが、疲れがたまっていた

意外と怖い貧血の症状をチェックしよう

鉄欠乏性貧血とは、血液中の赤血球やヘモグロビンの数が減って体内にう

→もっと見る

PAGE TOP ↑